人の悩みには、内的要因と外的要因があると考えられています。
内的要因には、性格や価値観、物の考え方、深層意識の影響などがあり、自らの考え方の変更や対処策をする事で解決できる可能性があると言われています。
外的要因には、例えば気候や土地柄、家や同僚、友達といった生活環境、ストレスやトラウマなどの精神問題などがあり、自分では変えられない事があります。
恋愛における人の悩みをこれに置き換えてみますと、出会うための場所や時間、機会がないというのは、外的要因にあたります。
出会いがあっても相手を惹きつけられないなど、相手を惹きつけるための、人間性の魅力に欠けているというのは、内的要因となります。
人はどちらかと言うと外的要因を求めてしまうところがありますが、内的要因である事を認識し改善方法を考える事で、これから先良い解決がされ、良い方向へ進む可能性が無限大にあると考えられています。
人の悩みの本質が、内的要因なのか外的要因なのかを考え、可能な限り内的要因として対処法を探す事が大切だと考えられています。