「人の悩み」は一度克服すれば日本の昔話にあるよう最後には「幸せにくらしましたとさ」とハッピーエンドのまま人生の終焉を迎えられることを理想と思っていましたが信じていたとおりにならない現実も体験しました。
「人の悩み」は年代ごとに数限りなく生じてきました。
解決できたものもあれば、解決できなものもあります。
まずは自分の頭であれこれ試しながら考えます。
自分だけの考えで糸口が見つからないときは親しい人たちに相談という手段をとります。
他からみたら小さな「人の悩み」であっても受け取り方により大きなものに変わるときもあります。
誰もが「悩み」なんてなければいいなとその中にいるときは思うものです。
すごい記録を残すアスリートといわれる人たちは何もしないでレースに出て勝つことが出来ないように、目標のある人が何もしないで達成することはできません。
自己訓練・鍛錬をすることにより自分が抱えた「人の悩み」を克服していきます。
しんどい事、面倒くさい事ではありますが、その部分を克服することにより人間的にステップアップしていくためには迷惑なものではなく、なくてはならない必要不可欠なものだと思います。